パウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich)
オリジナル・リトグラフ額『長い脚』

パウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich)
1927年生まれ、2010年没。1947年よりハンブルグ美術学校にて学ぶ。1968年第六回東京国際版画ビエンナーレにて神奈川近代美術館賞受賞。エロスとタナトスの世界を創造し、退廃性を伴う幻想的なリトグラフ作品で名高い。

1968年 リトグラフ 50cm x 60cm サイン有り

00円 (在庫なし)

Until very recently most German art of the past couple of decades has somehow failed to convey to us a clear notion of the specific problems that a creative artist might have to face or solve in a nation that had just emerged from the terrors of a political dictatorship and a disastrous defeat. ・・・Suddenly, in the past two years, we have at last begun to discover in the work of a few German artists some willingness to face these haunting memories of the immediate German past. One of the outstanding examples is Paul Wunderlich. ・・・

From PAULWUNDERLICH LITHOGRAPHS 1949-1967
AUCKLAND CITY ART GALLERY

ここ最近まで過去十数年、大半のドイツの芸術は、政治的独裁の恐怖および悲惨な敗戦から立ち上がった国において、創造的な芸術家が立ち向かい解決策を見出すべき問題が何かに対する明確な考えを伝えることを怠ってきた。・・・それが突然ここ2年の間についに2,3名のドイツの芸術家の作品の中で、ドイツの過去に対する、付きまとい、悩みの原因となっている記憶の問題を直視する積極性が見出され始めた。その顕著な例のひとつがパウル・ヴンダーリッヒである。・・・

オークランド市アート・ギャラリーによる ”パウル・ヴンダーリッヒのリトグラフ1949-1967”展カタログより